ジスロマックと自宅にいる男女

前立腺炎は胎児への影響はないがジスロマックで治す

不特定多数の相手と性交渉を行う場合は、コンドームなどの避妊具をつけないと、クラミジアなどの感染症になる確率が高くなるので、気を付けなければなりません。
クラミジアは症状が出にくいので、感染してもなかなか気づかないことが多く、特に男性はほとんど何も感じないので、そのあいだに尿道から前立腺まで感染が進行し、前立腺炎を発症することもあります。
前立腺炎の人の奥さんが妊娠した場合、胎児にどんな影響が出るのか、気になる方もありますが、この病気は精子自体には異常は起きないので、胎児への影響は気にする必要はないでしょう。
ただし慢性前立腺炎は不妊の原因となるので、子供が欲しいと思っているなら、早めにジスロマックなどの性感染症用の薬で治療するようにしてください。
精液検査を行えば、不妊の原因が慢性前立腺炎のせいなのかどうかがわかるので、お近くの病院で調べてもらうとよいでしょう。
夫の方がクラミジアに感染していると、奥さんの方も感染している確率が高いので、そのせいで余計に子供が出来にくい状態になっている可能性があります。
女性の場合は、子宮頚管炎や子宮粘膜炎を発症しやすいので、精子が着床しにくくなりますし、卵管障害を起こしていると、不妊症になるだけでなく、せっかく子宝に恵まれても、子宮外妊娠となったり、流産や早産となることもあります。
そうなってから後悔しても遅いので、クラミジアに感染したかなと思ったら、早めに病院で検査を受けて、ジスロマックで治すようにしたいですね。
病院で性感染症の検査を受けるときは、どちらか片方ではなく、夫婦それぞれで行くことが大切です。
放っておいても進行して、どんどん悪くなるだけなので、健康な赤ちゃんを授かりたいなら、性感染症を治しておくようにしましょう。