ジスロマックと自宅にいる男女

口唇ヘルペス以外に点滴用で開発されるジスロマック

性感染症の治療領域におけるブロックバスターとも言うべき治療薬がジスロマックです。性感染症の中でも世界中で感染者が多く、日本においては最も多いとされる性器クラミジア感染症の治療に著効を示すのがジスロマックであり、1回だけ飲むことによって治療が達成できてしまうという画期的なものとなっています。ジスロマックは抗生物質であることから有効なのは細菌感染症が基本ですが、クラミジアやマイコプラズマのような非定型菌にも高い効果を示すマクロライド系抗生物質に属しており、その中でも血液中や胃腸の中での安定性を獲得した効力の高い抗生物質として著名になっています。しかし、いかに色々な病原菌に対して高い効果を示すとはいえ、ウイルスに対しては効果を示しません。そのため、ヘルペスウイルスが原因になって生じる口唇ヘルペスのようなウイルス感染に対しては適切な抗ウイルス薬を使用していくことが必要になります。一方、ジスロマックあh性病治療以外にも様々な感染症治療に対して用いられており、クラミジア肺炎やマイコプラズマ肺炎に対して高い効果を示すことから呼吸器内科においては欠かせない治療薬となっています。肺炎患者の場合には薬を飲み込むということが苦痛に感じられたり、そもそも困難であったりする場合も多いことから、点滴静注用の製剤も開発されています。適応症は肺炎に限られているものの、有効成分は同じであることから幅広い感染症に対して有効性を示す可能性が高い治療薬となっています。有効性が高くて幅広い治療に活用できるジスロマックだからこそ、点滴用としても今後は適応拡大が行われていって薬を飲み込むのが大変な患者の治療に応用されていくでしょう。