ジスロマックと自宅にいる男女

魚の卵巣などにもいる身近な寄生虫疾患にジスロマック

寄生虫は人の身近にいる存在であり、食べ物から人の体内に入ることがあります。日本では魚や貝そしてカニなどを新鮮な内に食することができる環境にあるため、生のまま刺し身にして調理されることが多く、調理人が寄生虫を意識しなければそのまま食べてしまうことがあります。

甲羅や皮など外側につくものもいるため、きれいに洗ってからさばくことは重要です。また内臓部分も多く、卵巣やエラなど特定の部位を好んで侵入している寄生虫もいるため、取り除いた後は身と別にしてすぐに捨てるなどの対応が必要です。

身の部分や骨付近に好んで住み付く寄生虫も、多くの場合は人に悪影響を与えないものがほとんどですが、人の体に入って悪さをしてしまうのがアニサキスです。生で食べることが多いイカや口にする機会が多い、サバやサンマなどの魚に多くいて、さばき方によっては死なずに刺し身の中にいることがあります。食べてもそのまま排せつされることも多いですが、胃や腸の内壁を食い破ってしまうことがあり、激痛が起きます。病院で丁寧に取り除いてもらう必要があるため、イカなどを食べた後に刺すような腹痛があったら疑うべきです。

ほかにも土の中や水、野菜などにも潜んでいることがあるので、生で食するものはすべてにいて注意深く対処するべきです。

人の体内に入りこんでしまう寄生虫の中には感染症を引き起こしてしまうことがあって、ジスロマックをはじめとする抗生物質は、寄生虫疾患にも有効性があります。クリニックで検査などを受けて処方されたら、指示通りに正しく服用することが最も大切で、抗生剤にも副作用があるほか正しく飲まないと感染症が完治せず再び悪化する場合もあるので、服用を忘れがちな人は特に注意が必要となります。